14期生の募集と劇場公演についての考察

13期研究生オーディション sanspo.comより

ということで、とうとう14期生の募集が始まりました。
大体、7ヶ月間隔でオーディションがあるようなので、そろそろかなとは思っていましたが。
(12期生オーディションが2月20日、13期生オーディションが翌年9月24日)

大体、オーディション後、2ヶ月でお披露目があるので、今回も7月くらいにはお披露目があるかもしれません。

おそらく、秋元康氏がぐぐたすで言っていたように、チーム8の発足を見込んでの募集もあるのではないのでしょうか?
今回、チーム4に昇格できなかった研究生の面子を見ると、チーム8のリーダー候補にするべく、あえて昇格させなかったメンバーが数人いるように思えるんですね。

このへんが、どんな人事になるのか、そして、今現在、同じチームに偏りがちな劇場公演を、どういう風に組み替えていくのか(勝手に、組み替えるんじゃないのかと思っているだけですが)、とても興味があります。

人数増やしすぎだ、という意見もあるようですが、個人的にはまだまだ足りないと思っています。

AKB48全国ツアー2012「野中美郷、動く。~47都道府県で会いましょう~」チームA AKB48公式ブログより

以下根拠。

今回全国ツアーを敢行していますが、47都道府県を、チームごとに回るということで、おそらく、このツアーは1年近くかかる大仕事。

なんと、5月には「見逃した君たちへ2」も開催。

そして、憶測ではありますが、東京ドームが8月だといううわさもあるし…。
むかし、やすすがぐぐたすでチラッといっていたアジアツアーも、おそらく全国ツアーの間に挟んでくると思います。

そして、例年でいくと、それ以外にも夏と秋の大きな全体イベントもやるでしょう。

当然選抜は、シングルの発売ごとに、TVや媒体関係の仕事は入るでしょうし。
その隙間をぬって握手会の日程も組まれます。

部活などで、いろんなメンバーが脚光を浴びてきているし、いままで劇場公演を守っていたメンバーも、なかなか劇場公演にまで出演することが難しくなるでしょう。
もちろん、それはメンバーにとって成功の一歩なので喜ばしいことではありますが。

これは、やっとAKB48というシステムが、熟してきたことかとも思います。
いままでは、こういったことを、選抜メンバーの負担とともにやってきたんですね。
世間がメディア選抜以外のメンバーに、やっと興味を持ち出した証拠です。

仕事のキャパが大きく膨れてきている今、コンサートにしても、劇場にしても、それらのアンダーを補うべく研究生の人数は必要です。

とうぜん、研究生にもスキルの差がありますので、すべての研究生が誰のアンダーでもできるわけではありません。当然アンダー要員は限られてきます。

さらに、どんなにスキルが高くても、中学生メンバーは労働できる時間帯が法律で決められているので、20:00以降はステージやテレビには出られません。

そうなると、どうしても、今の研究生の人数でも、間に合わないんですね。
ただ人数だけの帳尻ではなくなるので。
個人的に心配しているのは、人数ではなく年齢だったりします。

SSAに出演の13期研究生「River」戸賀崎智信さんのGoogle+より

今回のオーディションの募集年齢は、「11歳~18歳位まで」
まあ、いつもそうなのですがw。

そして、今、頭角を現してきている研究生の中心年齢は14歳です。
伸びしろを考えると、頼もしい限りなのですが…。

しかし、全国ツアーなどのいわゆる外の仕事のとき、前述したように、中学生では20:00以降はステージやテレビには出られませんので、今の研究生の中に、20:00以降の仕事でのアンダーを出来る年齢なのは1人、光宗薫さんしかいないんですね。

ただ残念なことに、「目撃者」公演に出演したときにみた限りでは、ダンスに関してはまだまだなので、全国ツアーなどの大きな舞台のアンダーはまだ出来ないでしょう。

先日の全国ツアーで、チーム4に昇格したばかりの川栄李奈さんが、研究生でもないのに、急遽チームB公演の渡辺麻友さんの、アンダーに借り出されたのは、最近まで他のチームのアンダーをこなしていた実力を評価されたのと、年齢的にクリアできていたことではないのかなと思います。

最近まで、アンダーをこなしていた、ということはこういうところで強みになるんですね。
おそらく、アンダー経験のない既存のメンバーでは、他のチームのアンダーは難しいのではないかと思います。

これは、最近まで振り付けをしていた牧野アンナさんのインタビューによると、AKBのフォーメーションは、振り付けを教えている先生でもその子のポジションに入ってそのフォーメーションをやるのはとても難しいのだそうです。それをよく、メンバーはやっていると。
なので、誰でも出来ることではないと。りっちゃん、すごいです。

AKB48全国ツアー2012「野中美郷、動く。~47都道府県で会いましょう~」チームB公演に出演の川栄李奈さん 戸賀崎智信さんのGoogle+より

もし仮に、今回の研究生の採用が、やはり中学生が中心の年齢になってしまうのであれば、この子たちが育っても、18歳になるまでは、時間制限のある仕事は出来ないので、おそらく劇場中心の活動とになるかと思います。

ここがキモで、劇場公演をすることが出来る人員が増えれば、既存のチームの負担が減るので、年長さんたちの外での活動がしやすくなります。

今年に関していえば47都道府県ツアーという、コンサートの回数を今までになく増やした年なので、おそらく既存チームの公演数は減るでしょう。

でも、劇場のあり方を「無名のメンバーが出る場所」と定義するのであれば、研究生公演を増やして、既存のチームはこういった「会いに行くアイドル」という形で、外で活動をしていく、というすみわけが出来たほうが、可能性は広がるような気がします。

今回のツアーは、そういったことへの実験かもしれません。

さらに、今回、秋元康氏はチーム8を作る予定と、ぐぐたすで発言していましたが、もしかしたら、もっともっとチームを作るつもりかもしれません。

それか、宝塚歌劇団の「専科」のように、スーパーサブチームを作るか…。
そうなったら、ちょっと面白いと思ったりしています。

13期研究生オーディション sanspo.comより

14期研究生オーディション 概要
 
 
関連ページ:

AKB48「14期生」の募集を開始 !!
CDに投票権がつかない理由への考察
光宗薫の奇跡は間に合うのか?
渡り廊下走り隊7の人事と、野中美郷との関係性についての考察
「GIVE ME FIVE!」とアンダーについての考察
指原莉乃 VS 乃木坂46 勝手に考察

広告

NMB48 チームMの初演が「アイドルの夜明け」に決定!

NMB48 Team-Mの初演が「アイドルの夜明け」に決定! 1
NMB48 Team-Mの初演が「アイドルの夜明け」に決定! 2

いよいよ、Team-Mが始動しますよ。

チームMにとって初めての劇場公演演目は、チームB4th「アイドルの夜明け」と発表されました。

チームN1stが、チームA3rd「誰かのために」、 チームN2nd「青春ガールズ」と、最初から比較的難易度の高いセットリストを与えられているNMB48ですが、やはり、新生チームMにも容赦はなかったようですw。

これで、NMB48は、公演曲をチームA、チームK、チームBの3タイプをすべてこなした、初めての姉妹グループになりました。

チームB4th「アイドルの夜明け」公演は、組閣前の旧チームBの最後の公演で、1年を超すロングラン公演。

やすすが「チームB」はこうあるべき、という指針を示した公演とも言われていて、アイドルらしいかわいらしさや、エンターテイメント性に優れたセットリストになっています。

マーチングバンドの演奏で始まる「アイドルの夜明け」、少女の黒い2面性をうたった「残念少女」、コスプレが楽しいコミカルな「天国野郎」、ちょっとセクシーな「口移しのチョコレート」、切ない片思いを歌った「片思いの対角線」、そしてハードロック調の「愛しきナターシャ」。これらの曲は上演後3年も立っているのに未だにリクエストアワーに登場する人気曲ぞろいです。

まあ、何をいいたいかというと、大変だぞ、と。かなり表現方法に振り幅のあるセットリストです。

そして人気がある曲ぞろい、ということは、知名度が高く、それだけハードルが高いという事。
そして、このセットリストをあたえられたという事は、それだけ期待値も高いという事。非常に楽しみ。

チームNになれず涙をのんだ1期生と、野心あふれるw2期生からなるチームMが、この難易度の高いセットリストを、どうしあげてくるのかが、本当にわくわくします。

一方、今回、ほぼ同時期に、初のオリジナルセットリストを披露する、先輩チームN。
チームNは「誰かのために」公演も「青春ガールズ」公演もきっちり自分たちの色をつけて披露してきた強者ぞろい。
チームMに1週遅れで、こちらも公演がスタートです。

お互い負けん気の強さでは負けないでしょうw。
ちょっとしたバトルの体にもなってきたNMB48の劇場公演。5月が本当に楽しみです。

 
ちなみに、チームB4th「アイドルの夜明け」公演のセットリストには、あのドラマ「マジすか学園」にもつながった、全員がレディースの特攻服で激しく歌う「拳の正義」があります。

ぐぐたすで、やすすが計画的に口を滑らせた「マジすか学園3」とリンクしていそうで、これもまた楽しみの一つです。

…まさか、百花、新”山椒姉妹”か?

Team-M 1st「アイドルの夜明け」公演は、5月5日(土)より。
Team-N 3rd「名称未定」公演は、5月12日(土)より。

チームM
1期生:太田里織菜、川上礼奈、木下百花、肥川彩愛、山岸奈津美
2期生:小鷹狩佑香、島田玲奈、城恵理子、高野祐衣、谷川愛梨、藤田留奈、三田麻央、村上文香、村瀬紗英、矢倉楓子、與儀ケイラ

関連ページ:

エントリーナンバー318番(13才)

NMB48「なにわなでしこ 18回 NMBかわいい王決定戦! in中野区」

「月見草」 NMB48 1st 公演「誰かのために」
「純情U-19」 NMB48 HEY!HEY!HEY!で初披露
AKB48紅白対抗歌合戦「抱きしめられたら」NMB48 山本彩×山田菜々×渡辺美優紀

さや姉の寝顔 可愛いジョー(^^)
虎ギャルりかにゃん、あほすきに生出演?
検閲解除の夜

高橋みなみ × 山本彩 キャプテン対談


「愛しさのアクセル」高橋みなみソロ 2月20日チームA公演

「愛しさのアクセル」高橋みなみソロ 2月20日チームA公演1
「愛しさのアクセル」高橋みなみソロ 2月20日チームA公演2
「愛しさのアクセル」高橋みなみソロ 2月20日チームA公演3
「愛しさのアクセル」高橋みなみソロ 2月20日チームA公演4
「愛しさのアクセル」高橋みなみソロ 2月20日チームA公演5
「愛しさのアクセル」高橋みなみソロ 2月20日チームA公演6
「愛しさのアクセル」高橋みなみソロ 2月20日チームA公演7
「愛しさのアクセル」高橋みなみソロ 2月20日チームA公演8
「愛しさのアクセル」高橋みなみソロ 2月20日チームA公演9
「愛しさのアクセル」高橋みなみソロ 2月20日チームA公演10
「愛しさのアクセル」高橋みなみソロ 2月20日チームA公演11
「愛しさのアクセル」高橋みなみソロ 2月20日チームA公演12

はるごんの挑戦に驚いた、2月20日のチームA公演でしたが、実はたかみなのソロ曲「愛しさのアクセル」が半端なくよかったので掲載。

今回のアクセルも生歌。
比較的、この曲は生歌で歌ってくれることが多いので、生歌自体にはそんなに驚かないのですが、なんだろう、結論で言うと、とても、とてもよかったです。

いつもこの曲では全力のたかみなではありますが、この日のたかみなには、鬼気迫るものがありました。

声量、声の伸びが半端ない。
そして、語尾にこんなに感情を乗せてきたのも初めてなんじゃないだろうか?
激しい振り付けの歌なので、正直、ガイドなしで歌うのは大変な曲。
ところどころ、声が震えていたところもありましたが、それがかえって心を打ちました。

上手に歌おうとしていない、生々しいたかみなを、いまさらながら今回初めてみた気がします。
そして、この姿が、一連の騒動への本当のアンサーなんだと思います。

ほんとうに、この人にとって、劇場はホームなんだなぁ。

やぼな解説はいらないですね。
ほんと、この2月20日の公演時のたかみなは、興味のある方はぜひ見て欲しいです。

関連ページ:

「Bird」高橋みなみ センター曲
対談 高橋みなみ × 秋元康
「GIVE ME FIVE!」PV感想

はるごんの挑戦「炎上路線」2月20日チームA公演
ドラマーはるごん「GIVE ME FIVE!」2月20日チームA公演


「月見草」 NMB48 1st 公演「誰かのために」

「月見草」 NMB48 1st 公演「誰かのために」
山本彩さん さや姉「月見草」NMB48
小笠原茉由さん まーちゅん 「月見草」NMB48
近藤里奈さん りぃちゃん「月見草」NMB48
「月見草」 NMB48 1st 公演「誰かのために」
山田菜々さん なな「月見草」NMB48
岸野里香さん りかにゃん「月見草」NMB48

人目を忍んで
逢瀬(おうせ)重ね
いつかは花咲く
恋心
上弦の月に
見守られ
一途な夢を見る
女は月見草

「月見草」は劇場公演A3rd「誰かのために」の1曲目。

「どこどん」と和太鼓の音を合図に「よっしゃあ! よっしゃあ!」とメンバーのかけ声がたくましいお祭風の曲。チームの一体感と躍動感が、公演のオープニングにはぴったりの人気曲です。

楽曲のサウンドは、曲を決定付けるギターのメロディー以外は、ほとんどがリズム楽器といった印象で、ファンキーなベースの音が、8ビートで淡々とメロディーを刻み、この重心低めなサウンドにチープなオルガンの裏打ちが「スカ」風味をプラス。

良く聞くとちょっとミスマッチな「クラベス」系のパーカッションがこれまた淡々とラテンのビートを刻んで、無国籍感を醸し出しています。

また、曲を通してほぼ1コードなのも特徴で、「花鳥風月よ〜」からようやくコードが変わりますがルート音はそのまま。「上弦の月〜」で曲の大サビにくるかなと思ったところで「一途な〜」で、すっとギターの音が消え、コーラスがのこる。このパターンがループする上に、かけ声と輪唱が加わり、独特なグルーブ感を生んでいく不思議な曲です。

アイドルの曲としては実験作ともいえるこの曲は、当時のチームA公演での反応は「乗りにくい」など賛否両論だったようですが、2008年のリクエストアワー(セットリストベスト100)でも66位にランクインした人気曲でもあります。

「通りすがりの道の上」「花鳥風月よ」といったフレーズは、作曲者である後藤次利さんが1984年に一世風靡セピアに提供した「前略、道の上より」の「セルフオマージュ」であることを連想させるお遊び。和洋折衷のサウンドに、あくまで、和「風」な歌詞が絶妙なバランスです。

不思議なグルーブ感を表すかのように、大人数の少女達がゆらゆらと複雑なフォーメーションで踊る姿は圧巻。月夜の夜にひっそりと咲く月見草が風に揺られてざわめいているような、幻想的な風景を連想させます。

「月見草」は初期チームAのファンの人達にとっては、人気セットリストA3rdのオープニングだけあって、とても思い入れの強い曲。

このけっこうハードルの高い曲を公演デビュー曲としてNMB48が歌うのは並大抵のことではなかったのではと思います。

しかし、個性的なメンバーの団結力は素晴らしく、パイオニアである初期チームAのオーラとはまた違った魅力が爆発。

チームN公演初日前に、あいにゃん(福本愛菜さん)が「チームとしての団結力は もう出来ていると思うので、それを一発見せれたらいいかなと思います」と語っていたのを思い出します。

福本愛菜さん あいにゃん「月見草」NMB48
白間美瑠さん みるるん「月見草」NMB48
門脇佳奈子さん かなきち「月見草」NMB48
木下春奈さん はる「月見草」NMB48
渡辺美優紀さん みるきー、森彩華さん あーにゃん「月見草」NMB48
上西恵 けいっち「月見草」NMB48

そしてこの衣装、NMB48のみなさん、とても似合いますね。
初期チームAのイメージは残しつつ、今の時代のデザインに変更になってます。
まず、生地がグレードアップしていますw。

初期チームAのときは無地のモノトーンに、ネクタイと袖の切り返しが赤と黒の2パターン。
襟もシャツカラーとセーラー。ネクタイのラインは1本。

一方NMB48は、バイアスの渋いチェックに、黒のネクタイに統一。
ウエストの位置が高くなっていて、袖が小さめ。
ネクタイのラインが、2本になっています。チームAへのリスペクトでしょう。

ウエストの位置が高くなっているのが大きなポイントで、見た目ではそんなに変わらないようですが、そうする事で、手を掲げて踊るシーンでのシルエットがすごくきれいに見えるのですね。

振り付けも若干アレンジが加えられキュートに仕上っていて、NMB48らしい愛嬌が加わった印象。いい意味で新鮮味があふれているのが、NMB48の底力でしょうか。

この後、シングルデビューした曲が「絶滅黒髪少女」。
「月見草」で登場する鮮烈さが、NMB48のその後の方向性を決めたようにも思えます。

「月見草」 NMB48 1st 公演「誰かのために」
小谷里歩さん りぽぽ「月見草」NMB4810
「月見草」 NMB48 1st 公演「誰かのために」

「月見草」作詞 秋元康 作曲 編曲 後藤次利

NMB48 1st「誰かのために」公演より

(NMB48の「誰かのために」公演は、2011年1月1日から5月16日まで。
チームNとしてのステージは4月4日から)

NMB48 チームN 「誰かのために」公演メンバー

小笠原茉由 門脇佳奈子 岸野里香 木下春奈 小谷里歩 近藤里奈 篠原栞那 上西恵 
白間美瑠 福本愛菜 松田栞 森彩華 山田菜々 山本彩 吉田朱里 渡辺美優紀

※ DVD 1st stage「誰かのために」 では、松田栞さんが休演。アンダーで山岸奈津美さんがアンダーとして出演しています。

関連ページ:

さや姉の寝顔 可愛いジョー(^^)
虎ギャルりかにゃん、あほすきに生出演?
検閲解除の夜

高橋みなみ × 山本彩 キャプテン対談

「純情U-19」 NMB48 HEY!HEY!HEY!で初披露
AKB48紅白対抗歌合戦「抱きしめられたら」NMB48 山本彩×山田菜々×渡辺美優紀
NMB48「なにわなでしこ 18回 NMBかわいい王決定戦! in中野区」

エントリーナンバー318番(13才)