UZA -じゃんけん大会初披露バージョン 感想

 
第3回じゃんけん大会にてAKB48 28thシングル タイトルと、選抜16名の発表とお披露目がありました。

ちょっぴり心配していましたが、指原さんは無事選抜へ。
サプライズとしてはさくらたん(宮脇咲良)の初選抜が。おめでとう!!
16人選抜の内訳としては

AKB48×12:
大島優子、高橋みなみ、峯岸みなみ、小嶋陽菜、篠田麻里子、板野友美、柏木由紀、渡辺麻友、横山由依(兼)、島崎遥香、松井珠理奈(兼)、渡辺美優紀(兼)
SKE48×1 :松井玲奈
NMB48×1:山本彩
HKT48×2 :指原莉乃、宮脇咲良

とこんな感じ。
今回HKT48が2名というのは快挙ですが、指原さんは正直ほぼ仕事が兼任に近いですからねw。
人数バランスとしては悪くないかと思います。
ただ、その分、選抜落ちしてしまった常連さんも…。
ただし、だからといって、じゃんけん選抜のシングル以降も、今回の選抜で行くかどうかは全く読めません。
個人的には、センターも選抜もしばらくは毎回曲ごとに変わるような気がしています。
おそらく、今回選抜落ちしても曲によってはチャンスもあるし、今回入っていても曲いかんによっては常連も選抜落ちもあるのではないかと。こういった事が頻繁になるような気がしています。
 

そして「UZA」ですが、なかなか衝撃的な曲でした。
なにが衝撃かというと、総選挙シングル「ギンガムチェック」で表現したストレートなAKBらしさを、いっきょに一掃してしまった、という部分。
この振り幅の大きさにおもわず笑ってしまった。
いや、見事です。これで、がらりとAKB第2章を印象づける事が出来ました。
そして、この曲調には、優子さんと珠理奈のWセンターというのは、ぴったりです。

曲自体の印象は、80年代後半から90年代前半にかけて人気のあったハウス系に近いかな?
おそらくヨシマサさんのとても得意な分野。

この大サビのない、ループのグルーブ感で聴かせる曲というのは、おそらく踊る上でもAKB48には難易度が高いのではと思います。従来の曲とキメの取り方が変わってくるので。これはリズム感の勝負。

これは、選抜常連といえども、得意不得意のあるタイプのダンスなので、苦戦する人は出てきそうです。今回、ちょっと戸惑い気味のメンバーも何人かいましたね。でも、そこが面白い。
苦手なメンバーからの化学反応も期待しているのではないのかな。

ただ、さくらたんが選抜選出をスタッフさんから聞かされた時「秋元先生が、これぐらいのレベルは踊ってほしいと言っていた」と聞かされたという事なので、今後のダンススキルの基準は、この位は…という事なのかもしれません。

また、今回、フォーメーションが面白いですね。
前回の「ギンガムチェック」では、比較的すっきりとしたフォーメーションを組んでいましたが、「UZA」では、結構複雑なフォーメーションを組み込んでいるように見えました。

ただ、カメラワークの問題もあるし、今回はダンサーさんがいたので、正確な所が正直まだわからないです。フォーメーション好きとしては、ここは早くじっくり確認したい。

とにかく、個人的には「UZA」にはとても期待しています。楽しみです。

 
関連ページ:

AKB48 28thシングル タイトル「UZA」発表! 大島優子・松井珠理奈のダブルセンター
指原莉乃1人じゃんけん大会【AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会直前SP】
指原さんHKT48じゃんけん大会予備戦 初戦で敗退
29thシングル選抜じゃんけん大会AKB48研究生予備戦!!!!【サルオバサンレポート】
今日は一日“AKB”三昧 IN 東京ビッグサイト【no3b りのりえ】

広告