留学する4名につきましては期間限定での移籍となります【戸賀崎智信】

スポーツ報知より

(戸賀崎智信さんの google+より)

戸賀崎智信さん 戸賀崎智信 -16:23- Mobile – Public
海外留学組について、移籍なのか?留学なのか?多数ご質問を頂いております。留学する4名につきましては期間限定での移籍となります。期間は半年から1年を予定しております。握手会などのイベントへの参加につきましては、別エントリーで発表させていただきます。今しばらくおまちください。

と言うことで、本日「AKB48 4thアルバム「1830m」劇場盤発売記念大握手会&写真会」の会場で、支配人部屋を開催していたとがちゃんが、上記のような発表をぐぐたすでおこないました。

どうやら、支配人部屋で留学組の期間などについて質問が殺到した模様です。
まあ、そりゃそうでしょうね。推しがこの先どうなるのか、気になるでしょうし。

個人的には、以前秋元康さんが以下のようにコメントしていたので、ある程度の期間限定だとは思っていました。

(秋元康さんのgoogle+より)

秋元康さん 秋元康 – 2012/07/21- Mobile – Public
そうだ。
AKB48の海外チームと打ち合わせをしていて、
“海外留学制度”を設けようということになった。
インドネシアのJKT48、上海のSHN48、台湾のTPE48など、
次々に広がっているグループに、
メンバーとして留学してもらおうということである。
教えること、教えられること、いろいろあるに違いない。

AKB48のメンバーのみなさん、
海外留学したい人はいますか?
期間は半年から一年を予定しています。

秋元康さん 秋元康 – 2012/07/21- Mobile – Public
海外留学制度は、希望者のみです。

海外のテレビとの連動ですので、
国境を越えて盛り上がるかも。

すべてのファンがぐぐたすを見ているわけではないでしょうし、東京ドームでの発表が「留学」ではなく「移籍」でしたので、完全に向こうに行ったっきりになるようにとらえられても仕方がないとは思うのですが。

ただ、だからといって「なんだ、移籍じゃなくて、ただの留学じゃん」といってしまうのも、ちょっと違うと思います。

今回のこの留学に関しては、いつまでなのか、とか、帰ってきて席はあるのか?というところは、そんなに重要ではない様な気がします。
重要なのは、行く、と決意したことだと思うんですね。

変化のスピードのはやい芸能界で、半年から1年活動場所を海外に移すということは、帰ってきたときにもしかしたら今より人気も落ちるかもしれない、そういった恐怖はあると思います。
実際に留学後、日本のメディアにどれだけ出られるかという事はまだ未知数な訳ですし。

それでも留学して、言葉の違う異国で何かを得てこようという、この気持ちが、絶対なにかしらのプラスになるとおもうんですね。今の現状に疑問を持ち、変えようと思ったわけですから。

ここで重要なのは、彼女たちがAKB48での立ち居地よりも、先の自分たちの未来のために行動したことだと思います。

この決意が、おそらく新しいチャンスを引き出すのではないかと思います。
一歩踏み出した勇気こそを、応援したいと思います。

 
関連ページ:

AKB48新組閣 73人の所属チームが発表
HKT48行くぜぇ!!!って気持ち!忘れないで、前に進む!【AKB48多田愛佳】
東京ドーム 1日目 とがちゃんレポート

広告