「さばドル」第6回感想 「熱愛発覚?!でお騒がせしまゆゆ」

「さばドル」第6回感想 「熱愛発覚?!でお騒がせしまゆゆ」1
「さばドル」第6回感想 「熱愛発覚?!でお騒がせしまゆゆ」2

担任のクラスの問題児、まゆゆ大好きの梨本の進路の問題がなんとかアイドルまゆゆ、の力を借りて、解決してやれやれ、でおわった先週のさばドル。

はたして今週は?

「ちゅうちゅうちゅう、ちゅうちゅうちゅう。また、お目にかかりやしたねえ。」
お〜、ネズミさん、きたわぁ♡

冒頭から、ねずみさん登場。CMの撮影です。虹色チューインガムってなんちゅう商品だw。
「噛んで、てっぺん取りやしょう。」…ああ、プロデューサー、ありがとう。
※ねずみさんが不明な方は「マジすか学園」で検索をw。

ということで、CM、グラビア、インタビューと相変わらず忙しい日々のアイドルまゆゆさん。
「ソロになるってこんなに大変なんだ、本当に私一人で大丈夫なのかな?」

一方、学校で梨本がまゆゆのソロ成功をいつもの【まゆゆ大明神】に祈願。
まゆゆが、進路の悩みに背中を押してくれた事に対して、一生の恩人だ、だからまゆゆのソロデビューを真剣に応援する、と意気込む梨本。
目が合うしじみと梨本。いつものように「うざせん、なに見てんだよ」とは怒鳴りません。
どうやら、しじみにも感謝している様子です。

事務所では、新しい仕事は映画の主演と聞かされるまゆゆさん。
社長が頑張ってとってきたビッグプロジェクトとの事。
タイトルは「恋のスロバキア」…なんちゅうタイトルだ。共演はウタマロ。

映画の顔合わせの終了後、ウタマロが
「2人だけで読み合わせしたい」と提案してきます。マネージャーを振りかえるまゆゆ。
ところが、いつもあれだけ警戒していたマネージャーが
「10分だけですよ」と許可。…なんか怪しい。
戸惑うまゆゆを外に連れ出すウタマロ。

そのころ宇佐家では、妹のあさりさんと彼氏が鍋パーティ。
ニラとニンニク、マカ、が入っている、宇佐家特製鍋だそうです。おい、豚足丸ごと入ってるよw。
あさりさん、ツインテールに、目のやり場のないスリップドレス。今日こそ決める気満々です。
用意しているワインの名前が “Last Chance” w。
…ところが、この彼氏、やたら隣のしじみさんの部屋のにおいを嗅いでいます。

この彼氏、おそらく後半戦のトラブルメーカーの予感。
あさりさんが、今後の展開を妄想している間に、勝手に秘密の【Mファイル】を見つけてしまったり。
「好きな人の憧れているまゆゆに、私もなりたいから、研究している」ととっさに嘘をつくあさりさん。結局、働いている塾から急な連絡が入ったからと、そそくさと帰る彼氏。

海沿いの公園では、ウタマロとまゆゆさん。
どうやら映画の打ち合わせ場所に近くに、こんな公園があった様子。
2人で歩きながら本読みを開始。がちがちに台詞を言うまゆゆさんに
「力が入り過ぎ。忙しいんだろ。すこし、仕事の事を忘れろよ」と遊ぶ事を提案。
じゃんけんで遊ぶ2人。
「24時間、アイドルではいられないよ」
しかし、その2人をこっそりねらうカメラマンが。

翌日、学校では梨本達がまゆゆの熱愛発覚の写真に動揺。スクープされたことにおどろくまゆゆ。
「まゆゆの一歩踏み出す勇気ってそういう事だったのか?」傷つく梨本。

このスクープをしくんだのは事務所。映画の話題作り。
「これじゃあ、インパクトに欠ける。次は密会デート、段どったから」と社長。
「こんなこと、必要なんですか?」というまゆゆさんの問いに
「あなた、伝説のアイドルになりたいんでしょ?」という社長の答え。

学校では、傷つく梨本の背中を見ながら複雑な心境のしじみさん。

ウタマロは、この仕組まれたスクープをすべて事前に知っていた様子
「教えてほしかった」というまゆゆさんに「知ってたら公園についてこないでしょ」というウタマロ。
「まだまだ甘いね、チキチータ。次の密会よろしく」と電話を切るウタマロ。
…いい人なのか悪い人なのか?わからなくなってきました。

密会場所の駐車場。
車の中でこわばった顔でマネージャーから写真を撮られる段取りを聞いているまゆゆさん。
「いってきます」

レストランの個室で、怖い顔のまゆゆさん。
「ちゃんと(写真を)取られる時は笑います。仕事ですから。」

ただ、一つだけ教えてほしいというまゆゆさん。
あの公園での笑顔もウソだったのかと。
私はとても楽しかったというまゆゆさんに、自分も心から楽しかったと答えるウタマロ。

「だったら、こんな事やめませんか?」というまゆゆさんに、ソロになるならそんな低いプロ意識でいいのか?と逆に問い返すウタマロ。

ウタマロに取ってのプロとは
「すべてを犠牲にしてでも自分が与えられた役目以上の仕事をする人間。」の事。
この世界に入るとき、心から好きだった女の人と別れたそうです。それがプロだと。

「私にはできません、でも 私は、私のやり方でプロを目指します。」
帰ろうとするまゆゆさんに「どうやって?」と尋ねるウタマロ。

今はわからないが、いつか絶対見つけてみせるというまゆゆさんに、ほんとに甘い、というウタマロ。

「はい、そうですよね。私はまだまだ甘いです。…それが、今の渡辺麻友です。」
チキチータ!の決めポーズをして、何か言おうとしてやめるウタマロ。
通じるものがあったのか、だまって微笑みあう2人。

結局、レストランから一人で出てきたウタマロ。
話が違う、と言うカメラマンをなだめるウタマロの横から、しじみさんが猫背で足早に通り抜けます。
…え?それはw。ウタマロにばれないか?

ともかく、また公衆トイレで、まゆゆさんに変身するしじみさん。
マネージャーの車に戻って「ただいま」って言うときの顔がいいですね。
いつも調子のいいマネージャーの「おつかれちゃん」っていうすべてを察したような一言が今回はなんか泣けるw。こいつ、いいやつだなあ。

翌日、携帯で「ウタマロ熱愛否定」のニュースに大喜びの梨本達。
元気になる梨本をみて、ほっとするしじみさん。

事務所では社長に平謝り。
「映画が延期になった」と脅されたが、先方の都合でのびただけと聞かされ、ほっとするマネージャーとまゆゆさん。

社長の一言がいいですね。
「まゆ、こんなことさせないアイドルになりなさい」「はい」
いつも以上に気合いが入って、仕事に向かうまゆゆさん。

めでたしめでたし。で終わりそうでしたが、最後にいやな展開が。
あの、あさりの彼氏、いつもしじみさんが落ち込むと載っているブランコでにおいを嗅ぎながら立ち漕ぎして、大声で笑っています。やばい、こいつそうとうやばい。

というところで来週。

本日のシンクロ
エンドロール。
次週予告に入る前に、いつもくるくる回っているおもてがまゆゆさん、うらがしじみさんの紙人形が、真ん中でぴたっと止まります。そして不吉な音楽。
なんだか、来週、あの変態男がなんかやらかしそうです。

DVD発売決定ですって。楽しみだ。

 
 
関連ページ:
「さばドル」第5回感想「大ピンチ!生放送で困りまゆゆ」
「さばドル」第4回感想「誰がセンターか決めまゆゆ!」
「さばドル」第3回感想「ホントの気持ちを探しまゆゆ」
「さばドル」第2回感想「電撃移籍でガンバリまゆゆ」
「さばドル」第1回感想「わたしの正体、教えまゆゆ」
 
「シンクロときめき」渡辺麻友ソロ出演 MUSIC FAIR2月18日放送
「シンクロときめき」ジャケット&収録楽曲
「軟体恋愛クラゲっ娘」渡辺麻友ソロ -2010年Team Ogi祭り-
飼育係のナベ(渡辺麻友さん) 「びみょ~」キャラクター図鑑

 

広告