「ミューズの鏡」指原莉乃主演ドラマ 第3回 感想

指原莉乃「ミューズの鏡」第3回 感想1
指原莉乃「ミューズの鏡」第3回 感想2
前回、出前の途中で、やっぱりレッスン場にきてしまったマキが、劇団員のエチュードに触発され、規格破りな「セミ」を演じ、やはり全員が大げさに驚愕するところで終わった第2話。はたして今週の展開は?

さっくりとしたあらすじとしては、

マクベスの長台詞を1分で覚えろとの無茶ぶりに、ついていけない劇団員。
どしろうとのマキに何が出来るか、と、たかをくくっていた劇団員の前で、マキはカンペを読むように長い台詞を読み上げ、やはり全員が大げさに驚愕する、というストーリーw。

レッスン場でなにやら談笑している劇団員3人。
うららがしょっちゅう言っている「あの台本」について知りたいようです。
「ミューズの鏡」という幻の台本があるようですね。
演出家の沖田が10年前に発表し、演劇賞を総なめにした伝説の芝居。
沖田が溺愛した主演女優が事故で死んで「ミューズの鏡」を封印。
うららはそれを演じる力が自分にはあり、それを上演すればこの劇団も潤うのに、と主張しているようです。

そこに、うどん屋でバイトしていたマキをみかけ、無理矢理レッスン場に引っ張ってきた演出家の沖田。芝居をしたいのだから、うどん屋で働く必要はない、ここでレッスンを受けるべきだ、とむちゃくちゃな理由。
「人間の願望は金に左右されるものではぬぁい!」
…いや、この子んち貧乏だし。あんた、他の生徒から月謝3万円取ってるんだしw。

今日の稽古はマクベスの長い台詞を1分で覚えろ、という無茶ぶり。せめて30分は欲しいと訴える劇団員。積んであったアルミの灰皿を劇団員に投げつける沖田。
「30分あればサルでもおぼえるわぁ!」
…この為に30センチ近くも不自然に灰皿を積んでいたのですね。わかります。

「気持ちだぁ、マクベスとマクベス夫人の気持ちさえあれば、台詞など口についてでてくるわぁ!!」
素直に納得する男子劇団員。マキに恥をかかせるいい機会だとほくそ笑む女子劇団員。
そこに、ドラマの撮影で遅れてきたうららも登場。マクベスの長台詞を1分で覚えるのは無茶だという事が、彼女にもわかっている様子。

やはり、挑戦するも次々と失敗する劇団員達。
そんななか、引っ張りだされたマキ。
舞台に上がり、振り向いたその顔は「マクベス夫人」そのもの…。ドーン!
「夫マクベスを操り、自らの欲望を果たさんとする業深き女、マクベス夫人の目!」ドーン!

…には、別段見えませんでしたが、そういう事になっていますw。
どちらかというと「小嶋陽菜をぶっつぶせ〜」の時の顔にしか見えなかったのは内緒の話。

沖田に促されて台詞を言い出し始めた、マキ。見事にシロウトなセリフ回し。

しかし、様子がちょっとへん。
台詞をいいながら、目線が上下に動いているマキ。
不思議がる劇団員に
「まだ演技を知らないあの子は目の前にある台本を、そのまま読んでいるのよ。まぼろしの台本を読んでいるの!」と、うららが看破。
「ということは、1分で、たった1分で全部台詞を覚えたというのか!」

…なんだか、すごい設定になってます。

ここで、台詞を噛むマキ。
「噛んだ。」ドーン!
「むろんマクベス夫人とて、噛む事はある。そのリアリティまで演じきるか」
とあくまで底知れぬ演技力に驚愕する沖田。
「マクベス夫人が台本を読んでいる!」と驚愕するうらら。
で腰が砕けましたw。

噛んだところの口調は、普段の指原さんのままなのが、ちょっとツボ。
これ、ほんとに噛むまで、台詞言わせていたんじゃなかろうか。指原さん、うっすら笑ってたし。

そして今回も、周りがマキの底知れぬ才能に驚愕する演技がヒートアップする中で、ひたすらマクベスの長ゼリフ(のカンペ)を読み続ける指原さん。

マキの演技を「れいかだ、れいかと同じだ!」と叫ぶ沖田。
「あの、伝説の大女優の、はなやぎれいか?」どーん!驚愕するうらら。

「あいつもカンペを読むように台詞を言っていたっけ…そうか、わかった、やはりそうだったのか〜!」
沖田には、何かがわかってしまったようです。ま、想像つくけどなw。

とこんな事ばっかりやっていて、とうとうバイトを首になってしまったマキ。
母ちゃんには新しいバイトを見つけるまで帰ってこなくていい、と家を追い出されるところで第3話終了。

今回も、驚愕しすぎの皆様の演技で話が進んでいく「ミューズの鏡」
指原さんが、狂言回しの役回りがいい感じ。
でも、個人的には、このかーちゃんと話しているときの、指原さんの演技がすき。
このドラマ、かーちゃんとのシーンだけ、舞台風じゃなくて、普通の演技なんですね。
じつは、この仕掛けが何なのかちょっと気になっているところ。

今週の謎:
「はなやぎれいか」ってだれ?っていうか「ミューズの鏡」の主演女優と予想。
そんでもって、マキのほんとのかーちゃんか?

関連ページ:

ミューズの鏡 感想一覧


「それでも好きだよ」5月2日発売決定!指原莉乃ソロデビューシングル

指原莉乃さんソロデビュー曲初披露「それでも好きだよ」
「期待に応えない愛弟子へ」指原莉乃×秋元康 対談 フォトブック「さしこ」より
指原莉乃のリアル

広告