エントリーナンバー318番(13才)

エントリーナンバー318番(13才)木下百花1
エントリーナンバー318番(13才)木下百花2
エントリーナンバー318番(13才)木下百花3
エントリーナンバー318番(13才)木下百花4
エントリーナンバー318番(13才)木下百花5

次世代のスター発掘をサポートする、密着ドキュメントバラエティー「スター姫さがし太郎」。
この番組では、NMB48の発足を2010年09月11日の初放送から、密着していました。

第1回目の放送は、いきなり第1回オーディションの密着。

アイドルが育たないと言われる笑いの街で、第一次オーディションを受けた人数、応募者7256人。一次審査(書類審査)430人。二次審査(2次審査は持ち時間5分審査員と1対1で面接)106名 最終審査(歌と踊り)20人。

最終審査に残る倍率が363倍です。
秋元康氏に「相当いいよ」と言わしめたNMB48の第1回オーディション。

「わたしは、頭がばかなので、「ばか」は「ばか」らしく審査を受けようと思います」
とインタビューに答えていた、妙に印象に残る女の子が、名前の入った学校の体操着でどたどたと踊り最終審査26人に残りました。

この段階でNMB48のメンバーではない為、エントリーナンバーで呼ばれる彼女。
ナンバーは318番から75番に。

歌唱審査に合格したのは20人。審査に残って75番は「木下百花さん」と名前が表示されました。

このオーディション映像を見ると、今のあのダンスがウソのようです。
「変態レッド隊長」というキャラを作りつつも、こつこつ地味な努力を積んできたんだなと実感できます。

チームNには惜しくも漏れた木下さんですが、「純情U-19」では選抜にも選ばれ、今回めでたく「チームM」に昇格です。

おめでとう、隊長!

エントリーナンバー318番(13才)木下百花6

 
 
関連ページ:

「純情U-19」 NMB48 HEY!HEY!HEY!で初披露
NMB48「なにわなでしこ 18回 NMBかわいい王決定戦! in中野区」
 
 
NMB48 3thシングル「純情U-19」type-ANMB48 3thシングル「純情U-19」type-B

広告