「さばドル」第1回感想「わたしの正体、教えまゆゆ」

さばドル第1回 渡辺麻友_1
さばドル第1回 渡辺麻友_2

「さばドル」第1回「わたしの正体、教えまゆゆ」
主演:渡辺麻友

ついに始まりましたよ「さばドル」。
設定としては、ヤンキー男子校の冴えない古文教師「宇佐 しじみ」が、年齢を偽り17歳のアイドル「渡辺麻友」として活動している、という設定。21歳もサバを読んでいるさばドル。

時間も、あの「マジすか学園」の枠ですし、原案はやすす(秋元康)氏、監督も佐藤太氏とこちらも「マジすか」枠。けっこうぶっ込んでくるかと思っていましたが、期待どおりでした。

今日のストーリーとしては、しじみさんの紹介と、そしてばれないようにどうやってやりくりするのかという、紹介的な流れがメインでしたが、うん、このドラマはこうやって楽しんでくださいね、というチュートリアルのような作りでした。

「びみょ〜」のコントでも、かなりのポテンシャルを見せていたまゆゆさんでしたが、今回の”しじみ”さん、相当良かったです。

老けメイクは、すでに雑誌で写真が出ていたので、衝撃は雑誌を初めて見たときよりは薄れていましたが、まゆゆさんのキャラの作り込みが実に良かった。

とくに、家の中で妹と、ファッション誌のインタビューの為に、付け焼き刃でファッションの知識を勉強するときの”つかれたおばさん臭い感じ”と、アイドルまゆゆの”中身のおばさん”がうっかり出そうになるところの、くちを歪ませて心の声をつぶやくところが、もう絶品w。

ワロタの衣装で「あ〜つっかれた〜、あの曲やっぱきっついわ〜」に爆笑。

きっと、毎回アイドルの危機が訪れるのでしょうw。
まんまと、しじみさんの味方になってはらはらしながら見てしまいました。

主題歌「シンクロときめき」もかわいらしい正統派アイドルソングでした。
そして、EDの「サバの缶詰」がインパクト大。
昭和の歌謡バラードのような曲を、まゆゆさん、全力で熱唱しています。
エンディングの画像と相まって、これがなかなかのツボ。

本日のシンクロ
いなり寿司 と 亀のフランシス と いなかっぺ大将
 
 
関連ページ:

「さばドル」第5回感想「大ピンチ!生放送で困りまゆゆ」
「さばドル」第4回感想「誰がセンターか決めまゆゆ!」
「さばドル」第3回感想「ホントの気持ちを探しまゆゆ」
「さばドル」第2回感想「電撃移籍でガンバリまゆゆ」
 
「シンクロときめき」ジャケット&収録楽曲
「軟体恋愛クラゲっ娘」渡辺麻友ソロ -2010年Team Ogi祭り-
飼育係のナベ(渡辺麻友さん) 「びみょ~」キャラクター図鑑

広告