「チャンスの入り口」と「チャンスの出口」

報告:秋元先生曰く、チャンスには「入り口」と「出口」があるようです。

(秋元康さんの google+ より)

秋元康さん

秋元康 – 11:04 AM – Mobile – Public

僕がチャンスを作っているのではありません。
僕からのチャンスを待っている間はだめですね。
「私だって選抜に入れば…」
「私だってドラマに出れば…」
「私だってコマーシャルに出れば…」
それがチャンスだと思っているかもしれませんが、それは違います。

それは、チャンスの出口です。
みんなに見つけて欲しいのは、
チャンスの入り口です。

例えば、松井咲子。
彼女のチャンスの入り口は、
音大に入ったことです。
趣味の域を越えているから、
代々木でコンサートをやった時、
「ポニーテールとシュシュ」を
弾いてもらったのです。
「TEPPEN」にも繋がり、
ぐぐたすで、さらにブレイクした
ということです。

アルバムを出すのは、
チャンスの出口です。
このアルバムを名刺がわりに
どう進むか?です。

選抜も、コマーシャルも、番組も、
僕が一人で決めているわけではありません。
最終決定権は僕にありますが、
いろいろなスタッフの意見を聞きます。
そこに、もっと、いろいろな名前が出て欲しいんですよね。
つまり、松井咲子のような小さな努力や運が見えて来ないんです。

今の自分にできることを考えなさい。

秋元康さんの google+

関連ページ

前田、宿題やってるか?
やすすの言い訳

笑っていいとも! テレフォンショッキング ゲスト秋元康
秋元康氏 AKB48の「再生」について語る

あいりん画伯作「癒すす」

広告