「軟体恋愛クラゲっ娘」渡辺麻友ソロ -2010年Team Ogi祭り-

「軟体恋愛クラゲっ娘」渡辺麻友ソロ -2010年Team Ogi祭り-1
「軟体恋愛クラゲっ娘」渡辺麻友ソロ -2010年Team Ogi祭り-2
「軟体恋愛クラゲっ娘」渡辺麻友ソロ -2010年Team Ogi祭り-3
「軟体恋愛クラゲっ娘」渡辺麻友ソロ -2010年Team Ogi祭り-4
「軟体恋愛クラゲっ娘」渡辺麻友ソロ -2010年Team Ogi祭り-5
「軟体恋愛クラゲっ娘」渡辺麻友ソロ -2010年Team Ogi祭り-6
「軟体恋愛クラゲっ娘」渡辺麻友ソロ -2010年Team Ogi祭り-7

そろそろまゆゆさん主演のドラマ「さばドル」がはじまりますね。
ドラマの主題歌「シンクロときめき」で、とうとうソロデビューです。

どんな曲になるのか、ものすごく楽しみ、という事で、久しぶりにまゆゆさん(渡辺麻友)の「渡り廊下走り隊」でのソロ曲、「軟体恋愛クラゲっ娘」の映像を見直してみたので感想を。

人生で初の恋人は
ちょっと手の焼けるあなた
いつもわがままを言い放題
受けて流してスルリ・・・

「軟体恋愛クラゲっ娘」は、2010年に発売された、「渡り廊下走り隊」の5thシングル「青春のフラッグ」のType-Aのカップリング曲。個人的にまゆゆさんのソロの中では1番好きな曲です。

「青春のフラッグ」に「軟体恋愛クラゲっ娘」のDVDはついていなかったのでこの曲で歌っている、動いているまゆゆさん(渡辺麻友)を見たのは、この「2010年Team Ogi祭り」が初めて。
2daysの2日目に披露されました。

この曲は、わがままな男の子に夢中になっていそうで、でもちゃんとするりと受け流す、したたかさもある女の子の歌。ちゃんと独り占めしてくれないと、ビリリさす事もあるかもよ、という「ツンデレ」ならぬ「デレツン」なキャラクターが、まゆゆさんのアイドルな歌い方にすごくあっています。

曲調は “王道アイドル路線” といった印象ですが、結構パンチの効いたアレンジがユニーク。
打ち込み系のユーロっぽい激しいリズムで、疾走感があります。ギターの音色も”歌謡曲”でいいですね。コーラスの入れ方も王道な雰囲気。

サビから始まる曲なのですが、いきをつかせず一挙に歌い上げて、サビ→Aメロ→Aメロ→サビ→間奏→Bメロ、というように、やっとBメロでちょっとトーンを落とす感じが、いい意味で「変わった構成の曲だなあ」という感じで、ついつい繰り返し何度も聞いてしまうお気に入りです。

振り付けも「イン」気味なリズムの取り方が、不思議な雰囲気を醸し出しています。

衣装が可愛いですね。ご本人もメイキングで「高まる!」と申されておりましたw。
ツインテールのリボンがラメ入りのオーガンジーでくるんであって、クラゲ感を出しています。

この衣装は、第2回のじゃんけん大会にも着てきました。じゃんけん大会の衣装はある意味皆さんの勝負服なので、思い入れのある衣装を着る方が多いのですが、この衣装を選んできたところに、この曲を大切にしている事がわかります。

月刊カドカワのインタビューでも
「題名からしてオカシイし、歌詞見たときはなんだこれ?って思ったんですけど、メロディと合わせたらめっちゃステキで感動して、この曲を一生大事にしていこうと思いました。やっぱり秋元先生は天才です!」
と答えていたまゆゆさん。

この曲はほんとにこの方の良さをすごく引き出している曲だと思います。

Ogi祭りの舞台のライティングもよかったです。
海の底のようなライティングにぽっかりピンクの衣装のまゆゆさんが浮かび上がってくるような演出。

特筆すべきはTeam Ogi祭りでのこのクラゲっ娘を歌っているときの、まゆゆさんの表情。
“いつものまゆゆ”さんじゃない、かわいいけど、ちょっと挑発的な表情をしています。
もしかしたら緊張していたのかもしれませんが、逆にこの曲の世界観にあっていてすごくいいと思いました。

このころは、まだほっぺたに髪の毛をたらしていますね。
最近まゆゆさん、いつのまにかこの髪の毛をたらさなくなりました。ドラマの関係でしょうか?
個人的には顔を出してくれた方が好きなのでうれしいですが。

関連ページ:
AKB48紅白対抗歌合戦「てもでもの涙」渡辺麻友×松井珠理奈
希望山脈 渡り廊下走り隊7
飼育係のナベ(渡辺麻友さん) 「びみょ~」キャラクター図鑑

広告