これを見ればすべてが分かる AKB48講座

「AKB48講座」EXILE魂

2011年8月14日放送「EXILE魂」「これを見ればすべてが分かる AKB48講座!」より

出演:EXILE ゲスト:秋元康、AKB48

ナレーション そもそも「AKB48」とは、その名の通り秋葉原を拠点に活動するアイドル。

2005年に20人でデビュー。

ファン自らの足で「会いにいけるアイドル」として、秋葉原の専用劇場でほぼ毎日公演を行っているんです。

「AKB48」秋葉原を拠点に活動するアイドル「AKiBa」が由来

「AKB48」とは、秋葉原を拠点に活動するアイドル。「AKiBa」が名称の由来。

2005年に20人でデビュー。

2005年に20人でデビュー。

AKB劇場でほぼ毎日公演「会いに行ける」というコンセプト

「会いに行けるアイドル」専用劇場でほぼ毎日公演を行い、ファン自らの足で会いに行けるというコンセプト

ナレーション その後オーディションを繰り返し、2007年「A」「K」「B」それぞれ16人のチームからなる48人のグループに。

更に今では「チーム 4」の12人 を加え60人に拡大。

ここに正規メンバーを目指す「研究生」17人 を合わせた、合計77人 からなるグループがAKB48なのです。

( 2012年1月現在、チームA、K、B、それぞれ16人。チーム4が11人、研究生33人。合計92人と拡大中)

だが、一体なぜこれほどまでに大所帯なのか。

「チームA」「チームK」「チームB」「チーム4」+「研究生」=AKB48

AKB48は2007年に「チームA」「チームK」「チームB」それぞれ16人、合計48人のグループに。2011年6月「チーム4」スタート。2012年1月現在「研究生」を含め、さらに合計92人に拡大中

一体なぜ大所帯なのか!?

一体なぜ大所帯なのか!?

ナレーション AKB48の生みの親、秋元(康)プロデューサーいわく「コンセプトは卒業アルバム」。

つまり、人はそれぞれ好みが違うため、大人数のグループにする事で「ファンが自分の応援するメンバーを選べる」ようにしたのだという。

しかしなぜ、彼女たちはこんなにも人気なのか?
その秘密を、ひもといていきます。

「コンセプトは卒業アルバム」

秋元康プロデューサーいわく「コンセプトは卒業アルバム」ファン自ら応援するメンバーを選ぶ。

なぜAKB48は人気なのか!?

なぜAKB48は人気なのか!?

ナレーション 人気の秘密 (1)「握手会」

CDを購入すると手に入るのが「握手券」。
これによりファンは「好きなメンバー」と握手する事ができる。

握手会イベントが開かれると、集まるファンはなんと1万人以上。
こうしたファンとの触れ合いこそが人気の秘密なのだ。

AKB48 人気の秘密 (1)「握手会」

AKB48 人気の秘密 (1)「握手会」

AKB48「握手券」

「握手券」CDを購入すると入手でき、握手会イベントで好きなメンバーと握手できる。

ファンとの触れ合いが、AKB48の人気の秘密

ファンとの触れ合いが、AKB48の人気の秘密

ナレーション 人気の秘密 (2)「選抜総選挙」

現在では、名古屋の栄を拠点とする「SKE48」や、大阪の難波を拠点とする「NMB48」といった姉妹グループも含め合計221人 の巨大組織になった彼女たち。

( AKB48、SDN48、SKE48、NMB48に加え、2011年には、福岡市博多を拠点に活動する HKT48、インドネシアのジャカルタを拠点とするJKT48がスタート。2012年1月現在、合計280人に拡大)

しかし、これだけメンバーが増えれば、当然メディアに露出できる人数はひと握りに。そこでそのメンバーを選ぶために打ち出した前代未聞の企画、それが「選抜総選挙」。

人気の秘密 (2)「選抜総選挙」

人気の秘密 (2)「選抜総選挙」

SKE48

SKE48 − 名古屋市・栄(SaKaE)を拠点

NMB48

NMB48 − 大阪市・難波(NaMBa)を拠点

メンバーが増えれば、メディアに露出できる人数はひと握りに

メンバーが増えれば、メディアに露出できる人数はひと握りに

「選抜総選挙」

そのメンバーを選ぶために打ち出した前代未聞の企画、それが「選抜総選挙」

ナレーション この企画(選抜総選挙は)、ファンの投票により「次のシングルのA面を歌うメンバーを決定する」というもの。ファンが応援するメンバー「推しメン」の後押しをするのだ。

上位21人がシングルA面を歌う事のできる「選抜メンバー」。

そして22位から40位までが、カップリング曲を歌う事ができる「アンダーガールズ」。

さらに上位12位までに入るとテレビや雑誌などに優先的に出演できる「メディア選抜」となる。

「選抜総選挙」とは

「選抜総選挙」とは、次作シングルのA面を歌うメンバーをファン投票により決定する企画。

「推しメン」とは

「推しメン」とは、ファンが応援する「いち推しのメンバー」の略称。

「選抜メンバー」「アンダーガールズ」「メディア選抜」

上位21人が、シングルA面を歌う事のできる「選抜メンバー」。22位から40位までが、カップリング曲を歌う事ができる「アンダーガールズ」。さらに上位12位までに入ると、テレビや雑誌などに優先的に出演できる「メディア選抜」となる。

ナレーション 1位に輝いたメンバーに与えられるのは「センター・ポジション」。そこはメンバーの中で1番目立つ事ができる場所。

一件シビアに見えるが、裏を返せばどのメンバーにとってもメディアに出られる大きなチャンスなのだ。

「センター」とは

「センター」とは、メンバーの中で1番目立つ事ができる歌のフォーメーションの先頭位置

メディア露出のチャンス

一件シビアに見えるが、どのメンバーにとってもメディア露出の大チャンス

松井玲奈さん

SKE48 松井玲奈さん「応援よろしくお願いします ! ありがとうございましたー !」

ナレーション 2009年の第1回選抜総選挙で1位になったのが、前田敦子さん。

2010年の第2回では、大島優子さんがトップに。

第1回 選抜総選挙 1位 前田敦子さん

第1回 選抜総選挙 1位 前田敦子さん「私はAKB48に、自分の人生を捧げるというのを決めているので」

第2回 選抜総選挙 1位 大島優子さん

第2回 選抜総選挙 1位 大島優子さん「背中を押してくださいとは言いません。ついて来てください」

ナレーション そして2011年6月、日本武道館で行われた第3回選抜総選挙。

アイドル同士が人気を争うと言うこの企画は、世の注目を集め社会現象となったのだ。

第3回選抜総選挙

そして2011年6月9日、日本武道館で行われた第3回選抜総選挙

「選挙ポスター」

第3回選抜総選挙「選挙ポスター」

19位 横山由依さん

19位 横山由依さん「みなさん本当に、ありがとうございます。」

9位 指原莉乃さん

9位 指原莉乃さん「ダンスも下手だし、歌も下手だし、可愛くないし‥…」

8位 板野友美さん

8位 板野友美さん「辛い時も、前で団扇ふってくれる子や、「ともちん、がんばって」とか、コメントをくれる皆さんがいるおかげで、こうしてやってこれました。」

7位 高橋みなみさん

7位 高橋みなみさん「努力は必ず報われる。と私、高橋みなみは、この人生をもって証明します!」

2位 大島優子さん

2位 大島優子さん「私たちにとって票数というのは皆さんの愛です。たくさんの愛をありがとうございました。」

1位 前田敦子さん

1位 前田敦子さん「私の事は嫌いでも、AKBのことは嫌いにならないでください。」

ナレーション メンバーそれぞれに巻き起こる涙のドラマが、ファンの心を捉えて離さないのだ。

大島優子さん、前田敦子さん

大島優子さん「あっちゃんはAKB48の顔です。これからも一緒に前を向いて行きましょう。」

大島優子さん、前田敦子さん

メンバーそれぞれに巻き起こる涙のドラマが、ファンの心を捉えて離さない

ナレーション 人気の秘密 (3)「サプライズ」

AKB48のコンサートでは毎回サプライズで企画が発表される。

人気の秘密 (3)「サプライズ」

人気の秘密 (3)「サプライズ」

「サプライズ企画」

AKB48のコンサートでは毎回「サプライズ」で企画が発表される。

「組閣発表」

「AKB48新内閣を発表します」組閣発表(チームのメンバーをシャッフル)

「選抜総選挙」の発表

戸賀崎智信さん(AKB48劇場の支配人)「AKB48総選挙を開催する事にしました」

ある企画が

そんな中、あるコンサートで発表された企画が‥…

ナレーション そんな中、あるコンサートで発表されたこの企画。

「じゃんけん選抜」

なんとこの企画 ” じゃんけん ” により、シングルのA面を歌う16人の選抜メンバーを決定するというもの。

「第1回じゃんけん選抜」では、今まで選抜総選挙で1度も選抜メンバーに選ばれた事の無い、内田眞由美がじゃんけんでセンターを勝ち取ったのだ。

「じゃんけん選抜」

「じゃんけん選抜」

「じゃんけん選抜」とは

「じゃんけん選抜」シングルA面を歌う16人の選抜メンバーをじゃんけんで決定する企画

内田眞由美さん

今まで選抜総選挙で1度も選抜メンバーに選ばれた事の無い、内田眞由美さんがじゃんけんでセンターを勝ち取った

ナレーション 「AKB48の人気の秘密」

ファン自らが会いにいけるアイドル。
自分のお気に入りを選び、応援できるアイドル。
様々なサプライズ企画で、ファンを常に驚かせてくれるアイドル。

彼女たちは、この先一体どんな企画で私たちを魅了してくれるのだろうか?

「会いに行けるアイドル」

ファン自らが会いに行けるアイドル

自分のお気に入りを選び応援できるアイドル

自分のお気に入りを選び応援できるアイドル

サプライズ企画で常に驚かせてくれるアイドル

サプライズ企画で常に驚かせてくれるアイドル

一体どんな企画で魅了してくれるのだろうか?

この先一体どんな企画で私たちを魅了してくれるのだろうか?

関連ページ:


「高みな、アレンジ、どう?」 AKB48紅白対抗歌合戦 反省会より

秋元康氏 AKB48の「再生」について語る
笑っていいとも! テレフォンショッキング ゲスト秋元康

 

広告