「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued」の指原さん

「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued」指原莉乃

AKB48のドキュメンタリー映画第2弾がもうじき公開されるので、久しぶりに第1弾を見返してみた訳ですが。

第1弾の「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued」は2011年の1月に公開された映画で、2010年の1年間のAKB48の活動を撮影したフィルムをもとに編集されたドキュメンタリーで、その中にピックアップされた何名かのメンバーのインタビューを盛り込んだ構成となっている映画です。

このインタビューメンバーに選ばれた指原さん、地元大分のおじいちゃん、おばあちゃんの家を訪れます。ずっと、指原さんが東京に行ってAKBに入る事をいやがり、お父さんが説得をしてくれたけれども納得はしてもらえないまま、振り切るように大分を出て以来、2年ぶりの再会です。

移動中のバスの中、監督の岩井俊二さんに地元大分を出たときの状況を語る指原さん。

「アイドルが好きなんで、ずっと家とかで歌ってて、AKBの歌とか、アイドルの歌とかを。でも、言えなくて、ずっと内緒にしてて。」

かわいい孫娘が本気でアイドルになりたいと思っていたなんて知らなかったおばあちゃん達です。
寝耳に水の心境だったのでしょう。ましてや、指原さんが合格した当時はまだまだ一般的には無名のアイドルグループです。心配するのはもっともです。

映画の撮影で、もちろん許可は得ているにしても、そういった状況で大分を出て行った孫娘としては、この再会には相当覚悟が必要だったのではないかと思います。なんともいえない張りつめた顔をしています。

おばあちゃんの家に到着して、玄関先で「おひさしぶりです」とちゃんときれいな挨拶をする17歳。
この挨拶で、この人がちゃんとしつけられて育った事がわかります。

居間に通されて、最初に指原さんが見せられたのは、壁に飾ってある額縁。
額縁には、雑誌から丁寧に切り抜かれた指原さんの写真が何枚も入っていました。
古いものは2年くらい前からの写真です。こういった年代の人が読まない雑誌にのっているグラビア。
ずっと、応援していてくれた事に大粒の涙を流す指原さん。

「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued」指原莉乃2

この撮影時、指原さんの選抜総選挙順位は「19位」。テレビなどのメディアにはなかなか出られない順位です。選抜で参加したシングル「ヘビー・ローテーション」ではなんとPVに2.5秒しか映されなかったという、そういう頃の撮影です。
このとき、指原さんは「ヘビー・ローテーション」の衣装を持ってきて、おばあちゃんに見せます。
「芸術大学の生徒さんが作ってくれてる」など一生懸命衣装の説明をする指原さん。

それを後ろからそっと覗き込んでいるおじいちゃん。うれしそうです。
撮影の人にも「足がいたいでしょうから、こっちへ来たらどうですか?」
と気を使うやさしいおじいちゃん。本当にいい家族です。

終盤のインタビューでおそらく将来について聞かれる指原さん、
「いっぱいテレビに出ている人?活動がやっぱり伝わるのがうれしいですよね、テレビとかって。」
と答えています。

この言葉は、こういった見守ってくれる人たち、応援してくれる人たちに活躍している姿を見せて安心させたい、という意味合いも含まれているのではないかと思いました。

その目標にむかって、どのように頑張っていたのかは、この映画の約半年後の「指原莉乃のリアル」※で伺い知る事が出来ます。

最近は、このときより格段にテレビに出るようになった指原さん。
おばあちゃん達も、このときよりは愛しい孫娘の顔を見る機会が増えてうれしいのではないでしょうか。

そして、今度の映画で、この後の指原莉乃さんの激動の1年がどのように表現されているのか、とても楽しみです。
※「DVD-MAGAZINE VOL.5C 51のリアル〜Cブロック編~」に入っているドキュメンタリー。

関連ページ:

指原莉乃さんソロデビュー決定!
指原莉乃1stフォトブック『さしこ』発売決定

「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る」
指原莉乃のリアル
AKB48紅白対抗歌合戦「Dear J」指原莉乃 今日の指原さん

指原莉乃 それでも好きだよ

広告